ブログ

春香る町。美しい言の葉の響き。こずえを渡る風、葉っぱの上の雫、濃厚な花の香り。むせ返るような雨上がりのにおい。歩くごとに四季折々の景色が広がるこの町には、古きよき風景と、時代とともに様変わりする町並みがある。誰の心にもある、懐かしい記憶をひもとくのは、音やにおい、どこかで見た自然。いつか通った道。アーティチョークの芯のように、ずっと奥で温めた記憶。すこし優しい気持ちになれるのは、そんな薄皮の積み重ねがあるからか。螺旋階段を行きつ戻りつ、どんなに遠くにいったとしても、いつかまた出会うだろう。これはスペースを埋めるための独りよがりな特に意味のない言葉の羅列。


ブログをフォローしてください

新しいコンテンツを直接メールでお届けします。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。